FC2ブログ
チマトクビキス//クサナギツヨシおよびSMAPとその周辺における透視雑記。

チマトクビキス

プロフィール

えむこ

  • Author:えむこ
  • つよしオタクのしんごファン。
    つよしに盲目的な人としんごが嫌いな人とSMAPに興味がない人とは相容れません。コメント欄閉めました。(コンレポのみ開けます)
    当ブログのイラスト・画像・文章の無断転載を禁じます。
    【Reprint is prohibited】
    メールはコチラ

    (2014.1月フォーム先メアド変わりました)



    拍手お返事はこちら↓(休止中)
    拍手お返事場
    ツイッターログ置き場
    えむこの写日記
    えむこのアンテナ
    骨髄移植推進財団







カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

» 愛と死を煮詰めて


ずっとリピりたいと思ってたマコミコをやっと見れました。
もうあかん、泣き過ぎて酸欠や。私ミコさんに恋してんのかも。ああ、綺麗な最期だった。

全然テレビ見てません。なのでホットペッパーも1個も見てません。セーラー服と機関銃も寝過ごして見れなかったよ~ん。

スポンサーサイト



愛と死をみつめて | trackback(0) | comment(0) |


» 第2夜

人の支えを必要とする、決して強い人間では無いマコとミコは、支え合いながら必死だった。闘う恋愛とはよく言ったもんで。

愛と死をみつめて | trackback(0) | comment(0) |


» 第1夜

あんなに切なくて泣けたキスシーンもあんなに悲しくて泣けたエンディング曲もはじめて。
ベッドで添い寝シーン、切ないのときゅんとするのとぽろぽろ泣くのとのたうち回って萌え悶えたい衝動でカチカチに固まってしまった。ミコがいじらしくて綺麗でマコの表情が全て良くて…もう…。
淡々として余韻で泣けるようなお話しが好きなので、第1夜大満足です。お互いの気持ちが通じ合うまでのマコはちょっとあまりにも子供っぽかったけど、そんなマコがミコには必要だったんだなぁ。物わかりよくて空気読めるマコならミコの傍にはいられなかったかもしれない。

裏スマでマコ甘えてばかりで…を歌う慎吾の目がうるうるに見えた。生直前にドラマ見てるわけないか…えへ。

ほんとに良いキスシーンだったなぁ…。ほんとはあの、「おまえがされる側か!?」って位初々しいマコのキスに悶えたいんだけど、あまりに綺麗で泣けて仕方なくてだめだー。うぅ

(テニスばかりして黒くなりました、というわりに真っ白いマコ)
(なんで上半身裸でテニスしてるのかよくわからないマコ)

愛と死をみつめて | trackback(0) | comment(0) |


» うるうるグロッシーの部屋

う、うっはー

今、5分番宣でベッドでマコがミコにキスするシーンはじめて見た…。きゅーーーんっっ
マコ…マコはミコが好きなんだなぁってすごく感じた。
マコミコキス(オスメスキスみたいだな)は既に3パターンも見ちゃったけど、もっとキスシーンあるのかな。もしかして全部見ちゃったのかな。31歳にして、あんなにきゅんとさせる清純キスシーンが出来るなんてかっこいいな。もう泣きそうだー切ないー

徹子の部屋もおもしろかったー。なかなかうまいこと喋ってるし、スーツもかっこいいし、座り方かわいいし。徹子にお肌キレイって言われて「え!?」って顔してんのもかわゆい。
しかし唇がキレイだなー。うるうるグロッシーでむしろ女として悔しい。なんだよ男のくせにーっ!「ぷっすま、ハブを横銜えにレロレロ罰ゲーム」を見た時も、その唇のうるうるグロッシーコーラルピンク☆っぷりにひっくり返りましたよ。なぞりたい…唇…。
メイキングもよかったですね。マコの上半身裸テニスにはちょっと「うへぁ。」と唸ってしまいました。
とうとう明日か。楽しみ。

愛と死をみつめて | trackback(0) | comment(0) |


» 一生を懸命に生きた。

愛と死をみつめて写真展に行ってきました。
マコ!ミコ!マコ!ミコ!と白装束のふたりの垂れ幕がテレ朝ロビーを交互に覆い、番宣Vと「ミコ、会いたい…」がエンドレスで流れていた。「アタシだって会いたいの、マコ!!」と突っ伏す私。ミコっておめぇのことじゃねえよバカ。
写真展ですが、まずミコが本当にかわいい。純愛臭がプンプンして切ない。
マコがタバコ吸ってる写真がすごい良かったなぁ。ランニング姿のマコは、ビーナスチョナンのランニングと全く別物。あ!ふたりともランニングで手紙読んでるのに!
病院のベッドで寄り添うふたりの後ろ姿に既に涙。ああ楽しみ!泣き腫らそう。

愛と死をみつめて | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |