FC2ブログ
チマトクビキス//クサナギツヨシおよびSMAPとその周辺における透視雑記。

チマトクビキス

プロフィール

えむこ

  • Author:えむこ
  • つよしオタクのしんごファン。
    つよしに盲目的な人としんごが嫌いな人とSMAPに興味がない人とは相容れません。コメント欄閉めました。(コンレポのみ開けます)
    当ブログのイラスト・画像・文章の無断転載を禁じます。
    【Reprint is prohibited】
    メールはコチラ

    (2014.1月フォーム先メアド変わりました)



    拍手お返事はこちら↓(休止中)
    拍手お返事場
    ツイッターログ置き場
    えむこの写日記
    えむこのアンテナ
    骨髄移植推進財団







カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

» burst! ~危険な5/16

burstのチケットは、きっと今年一番のプラチナチケットかもしれない。
幸運というか執念というか、その中でも最も激戦の千秋楽を見事自分で引き当てたわたしですが、はっきり言って何度でも観たい。
我儘ですか?知ってます、一度も観れない人が大勢大勢いるのは。
でも発表のときに言いました、つよしファンにもしんごファンにも負けません。我々ガチしんつよ勢は一歩も引きません。
え、だってしんつよの舞台だよ!?!?!?
完全に信頼のおけるしんつよ友人間ではいろいろありました、いろいろ。
善意が善意を呼んでそうやって巡り巡ってこの日執念の当日券を2枚手に入れた友人に誘っていただき、急遽わたしの初日になりました。
謝りません!!3回観ましたわたしは!!(号泣)

当日券は開場の1時間前集合。まだ当日券の数人しかいないロビーでいっぱい写真撮れた。らっきー
DSC00606.jpg
この浮かれポンチである。
DSC00596.jpg
パルコ劇場はロビーもほんとに狭いんですよ。お花はここ以外にもたくさんありましたが。

そしてエレベーターから颯爽と(?)出てきた三谷さんとすれ違いました。
当日券の席は、関係者のキャンセルになった空席が割り当てられ、わたしたちは中段通路のセンターというめっちゃ良い席!
しかしあまりに急な展開で全然心の準備が出来ず、おろおろしているうちに幕が開き……。

初見はただただセリフについて行くだけで精一杯!はじめて完全ネタバレで挑んだので、役が入れ替わったことにびっくり!
まあこの初見を迎えるまでまじで計20時間くらい未見友達と会見映像のみで考察してたので、「ふたりは同一人物なのではないか」まで近付いてて、先発burst組をぎくっとさせてたんだけどなw
でもこの日は前半と後半のネガミとアオキにまだ開きがあったのかな。
後半のネガミしんご見て、「実は爆弾処理の実習としてアオキつよしがネガミに扮して処理の指示をしていて、ホンモノのネガミ(しんご)に「せっかちNG」って言い渡されてるのか?とか一瞬にして思ったもんw



剛「楽しんでいただけたましたでしょうか?今日でちょうど半分。今日が一番よかった!」
慎「今日でちょうど半分。夢の舞台。しかも二人芝居。奇跡ですね。今日は三谷さんが来てくれています!稽古から…こどものころからずーっとふたりでいたんですよ。そして三谷さんに舞台を作っていただいて。本当に幸せです」
慎「さいごふたりでお辞儀して、荻野さん(ピアノ演奏)を紹介するのにこの人捌けようとしちゃいました。いい顔してたよ!お母さん間違えた小学生みたいな」
剛「吾郎さん見に来てくれて」
慎「楽屋でふたりのこと褒めてくれた!まじの褒め。義理じゃないやつ。ほんとよかったよってグイグイ話しかけてきて、えっなになにみたいな」

慎「今日は木村くんと中居くんがふたり揃って観に来て……っいません!」
客「(ノーリアクション)」
慎「すごい!!ふつうちょっとは、えっ!?ってなるのに誰一人なんなかった!“ふたり揃って”の時点で、ないだろって思われたんだな…」


(↓ストーリー雑感と同じこと言ってるけどこれを先に書いてたのでこのまま載せるw)
トークの〆は、しんごがつよしを「諦めようとする」→つよしがしんごを「諦めんなよ」と引っ張り上げる。
芝居中の役交換(前半は振り回すネガミつよし、後半は逆転して振り回すアオキつよし。結局一貫してつよし)も、「しんごとつよし」になっても、一貫して「つよしがしんごを振り回す」「しんごがそんなつよしを諦めない」という物語になっていて、やはりリアルのしんつよとあまりにも!あまりにもリンクしていて!
劇中のセリフ「どっちがイニシアチブを取るか」って大きなテーマだったんだと思うけど、前半の役を読み合わせ後に入れ替えたってことは、三谷さんがとうとうしんつよの本質を見破ってしまったんだなって思ったよ。偉そうに言うけどw
結局つよしなんだよね。「ぼく(三谷)のお気に入りの香取さん、そのライナスの毛布であるクサナギさん」という認識でいたであろう三谷氏が、パブリックイメージどおりの配役をしていたのを直前でひっくり返すほどにしんつよをほんとの意味でわかっちゃったんだな(あくまで偉そうに言うガチしんつよ勢w)って思ったよ、このアフタートークの演出。
おっと、途中でした。

慎「木村くんと中居くんを誘えないようなおまえとは、もーやっていけない!諦めた!!」
剛「いやいや〜」
慎「木村くんを誘うのに緊張するようなおまえとはやってけない!オレにも緊張しろよ!!」
М「きゅん…!☆」
剛「だめだよ、もうチケット売っちゃったんだから!よ〜し、慎吾待ってろ!!」
〜一旦捌けてスタンドマイクとギター担いで戻ってくる剛〜
剛「このギター、渋谷で3万でした!」
М「パジャマでギターwwwwwwww
剛「(慎吾に向かって)慎吾!!前のめりで行こうぜ!!ジョロ~~~~ン


あきらめ〜〜るな 歯をくいしば〜〜れ〜〜
君を 待ってる 人がいる〜〜〜

burst! ~危険なふたり |


| TOP |